www.wyoshrinebowl.org

民事再生という方法は住宅ローン等も含む多重債務に悩む個人を対象とした、住居を維持しながら金銭管理において再生するための法による債務を整理する選択肢としてスタートした制度です。民事再生は、破産手続きとは違い免責不許可となる条件がないので賭け事などで債務がふくらんだような場合においても手続きは問題ないですし、破産手続きをすると業務が不可能になる可能性のある業界で働いている場合などでも手続きができます。破産宣告ではマイホームを残しておくことは不可能ですし、特定調停と任意整理ではやはり元金は支払っていくことが要求されますので住宅のローンもある一方で支払うのは多くの人の場合難しいと思われます。ですが、民事再生を選択することができれば、住宅ローンを別とした負債額は少なくない削減することも可能ですので、余裕がある状態で住宅のローンを支払いつつ残りの借金を返していくようにできるというわけです。しかし、民事再生という方法は任意整理と特定調停といった手続きと違って一定の借金だけを除外して手続きをすることはできませんし破産手続きにおいてのように返済義務自体が消滅するのではありません。また、そのほかの方法と比較するとある程度めんどうで期間もかかりますので、住宅ローン等を組んでおり住居を維持していきたいような状況以外の破産申請などのそれ以外の整理方法がない時の手段としておいた方がいいでしょう。
Copyright © 1999 www.wyoshrinebowl.org All Rights Reserved.